スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を丈夫にするには?

2009年03月15日 23:45

みーみの目の状態は一進一退。

右目の涙目から始まって、左目もなって、今回も左目で再発。
すでに目薬がなくなっていたので、病院に行って新しく処方してもらいました。

先生は「目薬が効かないようなら別の目薬を試してみましょう」と言うのだけど、
目薬は良く効くんですよね。1週間ぐらい点眼していればすぐに涙目は治まるし。
問題は涙目を繰り返しているってこと。

原因がはっきりとわかればいいんだけれど、特定できるものでもなさそうだし。
ただ、風邪の名残で慢性的に両目の結膜がむくんだ状態になっているので、
それがきっかけとなっている可能性は高そう。

これまで目に関しては症状が現れたら対処していたけれど、これも食事とか
サプリとかで体質改善的なものはできないものか。

あくまで人間の目において、という前提ですが、目の、特に粘膜に効果的なの
がビタミンA、ビタミンB2、ビタミンCらしい。(ビタミンばっか!)

いくつかのサイトからの情報をまとめると…

・ビタミンA…目の機能を正常にする、粘膜の潤いを保つ、皮膚を丈夫にする
・ビタミンB2…目の充血を防ぐ
・ビタミンC…目の粘膜をつくる働きをもつ

特にビタミンAは「目のビタミン」と呼ばれるぐらい、目には良いとのこと。
また猫の手づくりご飯で有名な須崎先生の本によると、猫にとってもビタミンA
が欠乏すると眼球乾燥症や結膜炎などの障害を引き起こしやすいとのこと。

そうか…猫にとってはビタミンAがいいのか…。
でも須崎先生の本の続きでは、ビタミンAの過剰摂取も有害で、特にサプリを
使う際には注意が必要らしい。

うーん、やはりサプリは慎重にならなきゃダメかぁ。
あとはビタミンAといえばレバー。レバーかぁ…みーみは砂肝は好きみたいで
茹でて出すと喜んで食べるんだけど、レバーはどうだろう。
似たようなもんだし(そうか?)食べてくれるかも!?

というわけで、鶏レバーを買ってさっそくスープを作ってみました。

スープといっても要は茹で汁ですが。
今回はレバーに鶏胸肉と、ついでに冷蔵庫にあったビタミンCが豊富
な大根も入れ、ひたすら茹でて完成。

できあがったのがコレ↓
090315_1.jpg
うーん、地味な色だ(;^^)
レバーの色が美しくないぞ~。

で、出してみたのですが、匂いをかいでプイっ。い、イヤですか~(;´Д`)
カツオブシをふりかけてみたら、具は食べませんでしたがスープ(茹で汁)は
かろうじて飲んでくれました。
まぁ茹で汁に栄養分が溶け出しているだろうから、それだけでも飲んでくれる
のはありがたい。

レバーだったらお手軽に手に入るし、気に入れば定期的に出してみようかと
思ったけれど、どーしよ。茹で汁だけでも飲んでもらおうかな。

あとビタミンAが豊富なのはウナギらしいのですが、ウナギは高いよ(つД`)

どこかで猫の目を丈夫にするためのセミナーとかやってくれないかなぁ。
090315_2.jpg
(どうでもいいけど美味しいものを頼みますよ…)


---
ところで病院で体重を測ってもらったら、3.16kgでした。
みーみの体重、順調に増えてます♪
スポンサーサイト


コメント

  1. にんに | URL | //3PaIRk

    みーみおいしいもの食べてるな~!幸せものじゃ。
    体重も増えるはずです。
    omiさんさすがですね。
    うちのニャンズも涙目赤目、ちぃちゃんはまぶたの粘膜が
    軟らかいのがみーみと似てるという状態ですが、
    もう対症療法で付き合っていくしかないかな~と思ってました。
    ちょっと鼻も垂れているので、風邪なのかアレルギーなのかも不明ですが、
    点眼しないと悪化、すれば落ち着くの繰り返し。
    とりあえず元気で、眼科専門医に行くほどでもない気がしてそのままです。
    (きちんと治るなら行ってみたいですが、
    様子を見て対症療法なら行くだけストレスになるかな、とか)
    ああ悩ましい。勉強させていただきます。

    >慢性的に両目の結膜がむくんだ状態

    そうなんですね。むくんでいるのか…。
    目薬は何を使ってますか?

  2. omi | URL | -

    にんに さま

    >みーみおいしいもの食べてるな~!幸せものじゃ。
    いやいや、私のはホント茹でてるだけなんで…。
    基本カリカリですしね~。毎日手づくりご飯にトライしている人はすごい。
    なんであんな美味しそうなものが作れるんでしょう。私も食べたいぞ(笑

    みーみの目も眼科専門に行くほどではないし、今後もお付き合いして
    いくしかないとは思うのですが、食事とかでちょっとでも改善できるなら
    してみたいな~とも考え始めまして…。
    結石だって食事が大事って言うし、それならこっちだって同じだよな~
    とも思うんですよね。医食同源って言いますし。

    とはいっても腰を据えて完全手づくり食にして…なんてのは無理なんで、
    あくまでも私自身ができる範囲内で、なのですが。

    だから気休め程度だとは思うんですけどね(;^^)
    しかも猫の目に関する情報ってあまりないですしね~。

    結膜がむくんだ状態は、具体的にはまぶたの裏が軟らかくプヨプヨした
    感じです。たぶん風邪をひいたあたりからこのような状態なんだと思うの
    ですが、大体どこの病院でも、みーみの目を見ると「あー結膜が浮腫っ
    てるね~」って言ってました。

    この状態だけなら特に治療する必要もないみたいで、病院でも目薬が
    処方されることはありません。
    でもここからさらに結膜が充血し始めると、涙目などの目のトラブルが
    出てくるような気がします。

    ちなみに現在の目薬はアズレン点眼液(非ステロイド性抗炎症剤)と
    サンテマイシン点眼液(抗生物質)です。

    みーみはこれらの目薬に関しては嫌がらないんですよね。
    「目薬するよ~」と言いつつ目薬を見せても逃げないし、何と近くに寄って
    きて自分から寝転がることが多いです(笑

    これをすると何だか目が楽だわ~とか思ってるのかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omi29.blog7.fc2.com/tb.php/43-1076f08b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。