スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤケドにご注意

2013年01月12日 18:13

今の住まいは非常に乾きます。
室内の湿度を見ると30%を下回ることもよくあること。

前の住まいは逆に湿度が高く、非常に乾いた日でも50%近かった。
それだけに夏は大変だったのだけれど…おかげで加湿器いらず。

さらにその前の住まい。
木造アパートだったからか、これまた非常に乾きやすい室内でした。
その時は加湿器を持っていたけれど、次の部屋がそんな感じだったし
大きくて置き場所もなかったので売っちゃったんですよね~。
(当時の加湿器はハイブリッドタイプだったので高く売れたww)

…でも今思えば取っておけば良かった…(;´Д`)

もったいないことをしてもうた…と思いつつ、加湿器購入!!
2013011201.jpg
今回はスチーム式。

ハイブリッドの方が熱い蒸気が出てこないので安全性は高いのですが、
その分、冷たい風が出てきて寒いんですよね。
それにスチーム式は衛生面に強いというメリットもあります。

前回ハイブリッド式加湿器を購入したのは、みーみの咳対策で日中の
私が不在にしてる際にも稼動させたかったから。
どんなに対策を立てていても、やはり長時間不在にしている間に何か
あったら怖いので、安全性をとりました。

あれからみーみも丈夫になってきて、冬になって乾燥していても咳を
することはなくなりました。
そこで今回は私が在宅時にのみ使用することを想定してスチーム式を
購入することに。それにスチームは安いから買いやすいしね…。

まぁそうは言っても、やはりスチーム式はみーみにとっては危ない。
いくら自分がいる時のみに使うといっても、目を離してしまう時間は必ず
あるわけですから。

…というわけでここからが本題。

ヤケド防止だいさくせ~~~ん!(前フリ長すぎだよ!)

何やら仰々しくしておりますが、やってみたことは至ってフツウ。
2013011202.jpg
とりあえず100均ワイヤーネットで加湿器を囲い込んでみた。
これは基本中の基本。
最低でもこれはやらないと、みーみが直接加湿器にスリスリする恐れが(汗

…でもこれだと手を伸ばせば吹出口に手を伸ばせちゃうんですよね。

う~ん…
2013011204.jpg
よーし、これでどーだぁ!!
名付けて「隙間から手を伸ばせない大作戦んんん」!!!
ネーミングセンスがアホすぎる!

要はクリアファイルを分解してワイヤーネットに貼り付けただけ(爆
(テープの貼り方は見なかったことに…)

ま、まあ見た目はともかくこれで完璧じゃね!?
…としばし使い続けてみた結果…。

何やら蒸気が囲いの中にこもってしまう気がしてきた_| ̄|○
加湿器の後ろのクロスが心なしか湿っているような……気の迷い??

そんなわけでちょっと改良して…
2013011206.jpg
吹出口のところだけをカバー。
テープも先ほどよりは気持ち丁寧めに貼りましたぞよ(笑

で、さらに写真のゴミ箱あたりから入られてしまうことも考慮して…

2013011209.jpg
最 終 形 態

よーしこれで良いんでない!?
しばらくは様子見ですな。

ちなみにもともとみーみはワイヤーネットで囲い込んでさえいればその
隙間から手を出すことはありません。たまに加湿器のポコっという音に
反応していますが、あまり興味はないご様子。

ただそうは言っても、エアコンの時のように急に興味を持つことだって
ないとは言いきれないですしねぇ。

そのままスルーしてくれよ、みーみ…。
2013011207.jpg
「…」

2013011208.jpg
「それはどうかな~」
スポンサーサイト


コメント

  1. にんに | URL | //3PaIRk

    お~~住むところによってそんなに湿度が違うもんなんですね。
    猫と暮らすまでは、湿度なんて測ってなかったので
    それまでの住まいと比較できないのですが
    温度・湿度は快適に過ごせるかどうかにかなり関係しますよね。

    みーみは幸せな子だなぁ。うっうっ。←
    先日、猫がストーブに近寄りすぎて毛が焼けて火傷して
    皮膚がピンクでジュクジュクしてひどいのに
    病院も行かず、また寒くてストーブにあたってるのを見て
    バカな猫とか言ってるバカ飼い主の話を聞いたので
    猫の幸せって、ほんと人間しだいですよね。

  2. omi | URL | -

    にんに さま

    室内の湿度はおそらく鉄筋か木造かの構造によっても違うのでしょうし、
    方角も影響がありそうです(前回は北東メインの部屋でした)。

    それにしても猫の暖房器具によるヤケド、怖いですね。

    そしてそういうのに無頓着な人って、何でそうなんですかね?
    自分の子どもにも同じことをするんでしょうか。
    それとも人と動物は別物なんでしょうか。ホントは同じなのに。

    というかもし自分がそういうヤケドを負ったら、相当痛くて大騒ぎですよね。
    その状態で治療してもらえなかったら…と自分に置き換えて想像してみたら
    すぐに答えは出そうなものなのに。
    自分がされて嫌なことはしない、それだけのことなんですけどね。

    それにその猫、そうまでしてもストーブの傍にいるってことは、
    そこにしか居場所がないか、その部屋が非常に寒いということでは。
    その時点でその家の環境が心配。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omi29.blog7.fc2.com/tb.php/164-1bc85122
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。