スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の間

2010年12月11日 22:13

今日の日中は暖かかったですが、最近は夜から明け方にかけて、めっきり冷え込む
ようになってきました。

そうなってくると寝ている間にみーみが布団の中にもぐりこみ、足の間に収まることも
増えてきて、これはもはや冬の風物詩かもしれない(笑

しかしつい先日、足の間に入り込んだみーみに寝ぼけた私が足技をかけてしまい
(どうやらみーみを思いっきり両足で挟み込んでしまった…らしい←ボケボケしてた
んでうろ覚え)、慌てたみーみが私のお腹を踏みつけて逃げ出す、という双方ともに
「フギャッ」となる出来事が。

…どんな夢を見てたんだ私は(;´Д`)

そんなことがあって、足の間にはしばらく入ってこないかもなーとも思ったのですが、
相変わらず明け方には所定の位置におります。

いや、いいんですけど…いいんですけど…けっこう腰に響くんだこれが(つД`)

2010121101.jpg
「明け方は寒いのですよ…」
スポンサーサイト


コメント

  1. にんに | URL | //3PaIRk

    腰にきますよね、ほんと…。
    まあ、猫を無視して動けばいいだけの話ですが
    それができないという。笑
    来なければ来ないで寂しいし。
    猫がいる幸せと腰痛はセットです。

  2. omi | URL | -

    にんに さま

    そうなんですよね~。

    足の間にいると踏みつけるんじゃないかと心配だし(実際に足技
    かけたし)、何よりも腰が(笑

    体と腕の間あたりにいてくれると助かるのですが、そこだと寒い
    らしく絶対に足の間にくる。。。

    まぁこなくなったらそれはそれで寂しいんで、やはり贅沢な悩み
    ですよね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omi29.blog7.fc2.com/tb.php/114-84a35a05
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。