スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコスキーにはたまらない絵本

2015年12月30日 17:07

久々にブログ更新してfc2の管理画面を眺めていたら、下書きのまま公開していない記事があった!
相当前に書いたもので、なんで公開しなかったんだっけ?単純にど忘れてしてたっぽいな…。
ま、いっかーということでアップします。

---

昔々の話なのですが、当時実家には英語の絵本が置いてあって(今もあるのかな?)、チビッコの頃、内容はサッパリながらも絵から話を想像したりと意外と楽しんでました。

その中でも大のお気に入りで、繰り返し読んでた本がコレ↓
Cross-Country Cat

人間の家族と雪山に来ていた猫のヘンリーがちょっとした手違いで山小屋に取り残され、なんとスキーをはいて家族の元に帰ろうとするお話。最後はもちろんハッピーエンド。

このヘンリーが表情豊かでカワユイのですよ!
幼心にもズキューンときましたよ(笑

猫の描き方も変にデフォルメされていなくて、それがまたイイ。

で、何でそれを今回いきなりブログの話題にしたかというと…

はい、どーん!
02.jpg

…ってオイ!(お約束w

で、改めて…
01.jpg
購入しましたー。

タイトルなんてすっかり忘れていたのですが、調べてみたら名前が判明しまして。
なんと日本語版もあるんですよ!

その名も「スキーをはいたねこのヘンリー」。
うーん、私はCross-Country Catの方が響きが好きだなー。

迷った末に、日本語版ではなく原本の方を買いました。
まぁ絵本だし、頑張れば読めるはず!ということで(笑

超久しぶりに読んでみて、子どもの頃とは違う楽しさでいっぱいでした。
Amazon.comではなか見検索ができますよ!

ちなみにこの絵本、実はシリーズ化されているらしい。


スポンサーサイト

今年の振り返り

2015年12月30日 16:13

すっかり年末更新が板についてきました…。
皆さまいかがお過ごしですか?

私は休みに入ったとたん風邪ひきました★
正月の予定オワタ\(^o^)/

_| ̄|○

もー何もかもヤル気なくしたので掃除もそこそこで終わらせてやりましたよ!
換気扇掃除を先に済ませておいてホント良かった…。

さてさて、みーみのご様子ですが、今年は歯の調子に悩まされた1年でした。
2015123001.jpg
「大変でした!」

春先ぐらいに歯茎が炎症を起こし出し、経緯を並べるとこんな感じ。

04月:左下前臼歯の舌側歯肉に炎症発見、病院診察
    ↓
    歯のぐらつき・出血・痛みがなく、炎症も軽かったため、しばらく様子見
    ↓
08月:それまで小康状態だった炎症が広がる(やや歯を覆い始めた感じ)
    ↓
    病院でレーザー治療
    ↓
    歯を覆っていた歯肉をレーザーで焼き切ったところ、
    歯が吸収されており臼歯側面がほんの少し欠けている状態
    (よく見ないとわからないぐらい)
    しかし炎症は治まったので抗生剤を服用しつつ様子見(バチリオン1日2回、1回につき1/4錠)
    +3Mマウスウォッシャー塗布
    ↓
10月:再び同じ箇所に炎症発生
    ※これに気づいたのが木曜(というより前日は何ともなかった)、土曜診察予定…が!
    ↓
    金曜夜には炎症が進んでけっこうな出血+歯のぐらつき(((( ;゚Д゚)))
    ↓
    とにもかくにも土曜朝イチで診察
    診察時にはすでに歯がなく…連れて行く途中で歯が折れた模様Σ(ŎдŎ|||)ノノギャ━
    ↓
    病院では抜歯か様子見か相談、先生的には様子見レベルという見立て
    炎症が治まるまで再び抗生剤服用(上と同じ)
    ↓
11月:セカンドオピニオンのため他の病院で診察、こちらもほぼ同じ見解
    ↓
    ↓
    抜歯せず様子見(薬の服用は終了)←イマココ!

今のところは炎症も落着き、触っても痛がりません。
↓本日撮った歯の状態。真ん中の下の歯にご注目。ちょうど歯茎のところで折れ、残りの歯は一部だけ表面に出ています。
2015123002.jpg

ネックリージョン(破歯細胞性吸収病巣)の可能性がありますが、今のとこどちらの病院でも明確には診断されていません。
当時の自分の心境的には絶対抜歯!だったのですが(血液の状態も悪くなかったし)、2つの病院からは抜歯と温存のどちらについてもメリットデメリットを伝えられた上で、抜歯は最終手段であり現状はそんなに悪くない状態(どちらかというと様子見推奨)という見解でした。
その後、悩みましたが抜歯は止めました。理由は色々ですが、抜歯によって自分が楽になりたいだけじゃないかな…という思いもどこかでありましたし、抜歯したからといって他の歯で同じような状態にならない保障はなく、そうなった時にまた抜歯するのか?という悩みもあったので。

しかし歯が折れている状態を放置することは良いことではありません。歯髄がむき出しになっている可能性があり、そこから細菌が入ることがあるからです。もちろんそうしたトラブルもなく過ごす子もいます。ただそれは常日頃のケアが大前提です。歯みがきができない場合は難しいかもしれません。

幸いみーみは超嫌がるものの(笑)、歯を磨かせてくれし口内チェックもさせてくれるので、こうした選択をすることができました。

ただ…10月の状態変化は本当に劇的でビビりました。それまで歯はぐらついてなかったし炎症もそれなりに落ち着いていたのに、たった2日であっという間に炎症が進み歯が折れましたからね。部分的に欠けてたから折れやすくなっていたのではないかと先生には言われましたが。

しかしそれだけ動物の状態ってあっという間に進むということですね。油断できねぇ。。。
みーみもなんだかんだいって9歳だもんなぁ。色々トラブルが出てくるお年頃ですよね。
2015123003.jpg
「年とかゆーな!」

ま、でも今のとこ他のトラブルはないもんね。これからも体に気を付けつつ、楽しく過ごそうね!
2015123006.jpg
「ゆる~くいきましょ」

2015123004.jpg

2015123005.jpg

来年もよろしくお願いします!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。